眼瞼下垂は手術で改善【自然に治らないからクリニックへGO】

オンナ

眼の周辺のくま対策

中年女性

目の下のクマ対策については血行促進、特に青くまについては血行促進とコラーゲン摂取が大切です。血行促進のためには、ストレッチやマッサージを定期的に行うこと、生活や食習慣の乱れを改善することが大切です。また、コラーゲン摂取については、ビタミンCと一緒に摂取することで、吸収率が高まります。

詳しくはこちら

美容目的での治療も人気に

目

費用で病院を選ばない事

目に関する疾患で眼瞼下垂は比較的ポピュラーなもので、誰でも発症する恐れがありますし、また先天性の眼瞼下垂も存在します。それだけに治療を受ける人も多い疾患ですが、治療を受ける病院を決める場合には注意点もあります。まず気をつけたいことに、眼瞼下垂の治療を受ける病院を費用で見て決めないことです。病院の中には格安の治療費を謳っている所もありますが、治療にはある程度の必要となる経費が存在します。あまりに安い治療費を提示する所は、どこか手術にも不備がないか、慎重に調べておいた方が無難です。またもう1つの注意点に、眼瞼下垂の手術は術式が既に確立されているため、変にオリジナリティを謳っている病院もできれば避けるようにします。

挙筋前転法での手術が増加

よく知られているように、眼瞼下垂は眼科と美容整形の両方で手術を受けることができます。この2つの違いは採用している術式と、医療における目的です。眼科の方は挙筋短縮法と呼ばれる術式を用い、まぶたの開きにくい状態の改善に力を入れています。一方美容整形の場合は挙筋前転法などの術式を採用しており、その目的はまぶたを開きやすくすると同時に、審美的な目の美しさを同時に追求しています。近年は特に美容目的で眼瞼下垂の手術を受ける人が増えており、美容整形の役割が大きくなりつつあります。埋没式眼瞼下垂手術といった複数の術式が採用されるようになっており、治療の選択の幅も広がりつつあるのが現状です。美容目的での眼瞼下垂手術は人気があり、今後も挙筋前転法などの術式が広まると見られます。

表情じわの改善に有効

注射

ボトックス注射はメスを使わず、表情じわを解消できるプチ整形として人気です。半年に1回程度、施術を受ける事で若々しい肌をキープできます。また、繰り返し施術を行う事で、徐々に治療の間隔が伸びると言われています。

詳しくはこちら

一重がコンプレックスなら

目

一重まぶたにコンプレックスを抱えているのであれば、二重にするための整形手術を受けるといいでしょう。いわゆるプチ整形で行なうことが可能となっているため、掛かる費用が安価でダウンタイムも短くすむため、手軽に利用することが可能となっています。

詳しくはこちら